増加している盗聴・盗撮…最新機材で調査いたします。一般家庭・ホテル・オフィス飲食店etc。あなたのプライバシーを犯罪から守ります。

  • 電話で話しているとノイズや雑音が入ることがある…
  • 隣人に盗聴・盗撮をされているかもしれない…
  • 知られるはずの無い情報を、なぜか会社の同僚が知っていた…
  • 近隣トラブルがあってから、盗聴されている気がする…
  • 自分の親に盗聴か盗撮をされている感じがする…

近年、情報犯罪が急増していますが、個人の情報漏洩ルートとして代表的なものが盗聴や盗撮です。

日本での盗撮器の販売台数は年間30~40万台と言われており、当社でも盗聴や盗撮に関するご相談が年々増えてきていることから、盗撮や盗聴による犯罪は増えているのだと実感しています。

もし、上記のような盗聴や盗撮の疑いがあることがあった場合、まずは自分で出来る範囲を調べてみて、調べてみたけど問題が解決しなかったということであれば、盗聴器を発見するプロの業者である当社へご相談ください。

最新の盗聴発見器で調査いたします。

盗聴器を発見する調査では、専門の調査機材を使用し盗聴器を探していきます。

最近では、ネットや秋葉原などでも盗聴器を発見する受信機を気軽に購入できるようになり、安いものでは数千円で購入することが可能です。しかし、盗聴器といっても様々で、周波数によっては市販の受信機では感知しない場合があります。

本気で探したいのであれば、プロの業者に調査を依頼したほうが安全で確実です。

使用機材

盗聴器発見調査で使用している機材を一部ご紹介いたします。

  • LA-300
  • バグチェイサープラス
  • WCH-350X
  • HR-500

業者専用の特殊機材を使用して盗聴器を追い込みます。

どのような盗聴器が設置されているのか?

今までの調査結果から設置されている盗聴器には傾向があります。昔ながらの盗聴器で電波を発信する電波式アナログ盗聴器です。

  • 電源タップ型
  • 電池式電卓型
  • ボックス型(電池・AC電源)

これらの盗聴器は、コンデンサマイクで音声を拾い、その音声を電波で飛ばすため、設置場所から離れたところで会話を聞くことができます。

意外なものが盗聴器になる

上記で紹介した盗聴器の他にも、普段私たちが目にするものが盗聴器として使われることがあります。

  • ICレコーダー
  • 子供向けの携帯電話
  • 電話盗聴器

ICレコーダーについては、USBメモリ・マウス型・ペン型など、置いてあっても違和感がないようなものが販売されていて、ネットでも安価な値段で売られているため、誰も簡単に盗聴が出来てしまうようになりました。

子供向けの携帯電話などは、盗聴器として改造され使われることもあります。盗聴という行為は、今では身近に出来るものとなってしまったのです。

盗聴器はどのような場所に設置されているのか?

盗聴器が仕掛けられている場所として狙われやすいのは、短時間で盗聴器を設置できる場所です。

  • 一般家庭
  • ホテル
  • オフィス
  • 風俗店
  • 飲食店

一般家庭やホテルに盗聴器を仕掛けられていることが多く、当社が今まで調査したそのほとんどは一般家庭での盗聴発見調査になります。この他だと学校・宿泊施設などにも設置されていることがあります。

また、盗聴の他に盗撮というのであれば、公共のトイレや大浴場ある銭湯、プレゼントされたぬいぐるみなどを調査することもあります。

一般家庭で盗聴調査をしていくなかで、特にリビングに電源タップ型の盗聴器が仕込まれていることが多く、短い時間で盗聴器を設置しようとする心理から電源タップ型が多いのも頷けます。

盗聴調査(盗撮調査含む)の費用について

基本料金30,000円~
調査料金(1日)50,000円~

こんな方に盗聴発見調査はオススメです

  • 引っ越しをしたんだけど盗聴器や盗撮器が設置されていないか調べたい…
  • 帰宅したタイミングで電話がきたり、無言電話が頻繁にかかってくる…
  • 一人暮らしを始めたんだけど、誰かに監視されている感じがする…
  • 人間関係のトラブルがあったので、盗聴器が仕掛けられてないか調べてほしい…
  • 同居していた恋人と別れたが、盗聴されていそうなので調べて欲しい…

盗聴や盗撮をされていると考えてしまうと、その不安な気持ちは消えることはありません。盗聴発見調査は、そんな不安な気持ちをスッキリさせるためにもオススメです。