【夫の浮気調査】LINEでのクローズドな関係。ゴルフ帰りに不倫相手と会う夫

「夫のスマホを見たら、LINEで見知らぬ女性とイチャイチャしてたんです。その女性とは関係が続いているみたいで…今後にも備えて調査をして欲しいです。」

LINEやSNSは、とても便利なツールですが、これらの通信技術が普及したこによって、男女の出会いの場も急増しています。また、LINEはクローズドな関係で連絡を取り合うので、Facebook以上に不倫と強いつながりがあります。

今回の調査は、夫のLINEから浮気が発覚し調査を実施した事例を紹介します。

依頼者のプロフィール

氏名:
Y・Tさん
年齢:
30代
職業:
専業主婦
家族構成:
夫・妻(本人)・長女・次女
婚姻歴:
10年

調査対象者のプロフィール

対象者:
依頼者の夫
年齢:
30代
職業:
会社員

調査目的

ラインのやり取りから、女性の存在が明らかとなった。現在も交際が続いていると思われる女性との接触状況を確認し、今後に備えるため夫の行動調査を実施した。

調査結果

依頼者から対象者である夫の話しを細かく伺った。夫はゴルフ好きということもあり、ゴルフに出かける時が一番怪しいのでは?と思い、ゴルフに行く日を狙って調査を実施した

しかし、調査を3日間実施したが、夫に怪しい行動が見られなかった。いったん調査を中断し、依頼者に「休日に朝からゴルフの練習へ行く日があれば、その日を狙って調査しましょう」と告げ、その日が来るのを待った。

しばらくしてから、依頼者より電話があり今週末にゴルフの練習に行くと言われたそうだ。我々はその日を狙って調査を実施した。依頼者の夫は、朝から家から少し離れたゴルフ練習場へ向かい打ちっぱなしをしている。しばらく現場待機をして対象者が出てくるのを待った。

夫が出てきて車に乗み移動を開始した。車の進行方向から家へ戻るということでは無さそうだ。引き続き、夫の車を尾行しながら調査を実行した。

しばらくして、車を有料パーキングに駐車し、携帯電話で誰かと話している様子がうかがえる。10分くらい話してから車を降り歩き始めた。そこは、閑静な住宅街で戸建て住宅が並んでいる。夫は住宅街にある戸建てに入っていった。

我々は、夫が入っていった住宅前で、室内や玄関の灯りが点灯しているのを確認した。時折、家から話し声が聞こえる。それから1時間後、室内の灯りが消えたことを確認。引き続き調査を実行する。40分後、室内に灯りが点灯し、その後、夫と女性が外に出て女性の車に乗り込み車を走らせた。

夫が車を停めた有料パーキングで車は停まった。しばらく、2人は車内で会話をしており、ときおり2人の顔が接触している様子がうかがえた。それから5分後、夫は車から降り、自分の車に乗り込み家へ車を走らせた。