探偵と興信所の違い

  • 浮気調査をしてもらおうと考えているけど、探偵と興信所のどちらに相談すれば良いの?
  • 探偵と興信所という言葉が出てくるけど、この2つに違いはあるの?

浮気調査・人探し・結婚調査など、調査をしてもらいたいと思い、いざインターネットやタウンページで探してみると【探偵】【興信所】という言葉が目に付くのではないでしょうか?実際に書かれている内容を見ても違いが分からず『調査をお願いするなら、探偵と興信所のどちらが良いのだろうか?何が違うの?』と、思ってしまうのも無理はありません。

このページでは、探偵と興信所の違いが分からず、どちらに相談したら良いのか?悩んでいる方に、現役探偵が『探偵と興信所の違い』を詳しく説明します。

現在、探偵と興信所の明確な違いは無くなりつつある

探偵と興信所に明確な違いが無くなりつつある

探偵と興信所の違いは、歴史を遡るとその違いが分かってきます。しかし、平成19年に探偵業法が施工されたことにより、今現在、探偵と興信所の違いが無くなりつつあり、同じものとして捉えていただいて問題ありません。

しかし、これまでの背景や探偵業法施工によって、どのように変化していったのかを把握していただくことで、理解がより深まるはずです。以降、探偵と興信所の歴史と業務内容について説明していきます。ぜひ参考にしてください。

探偵とは?

探偵の歴史

探偵の歴史をさかのぼると、フランスの国家警察パリ地区犯罪捜査局を興したフランソワ・ヴィドックが世界で最初の探偵とされています。日本には、江戸時代から明治にかけて探偵という言葉が出来ましたが、当時は巡査や刑事のことを探偵と呼んでいました。

日本初の探偵業者として、1889年(明治22年)に、日本橋の士族・光永百太が資本金1000円で探偵社を設立し、1895年(明治28年)には、岩井三郎が探偵事務所を創業しました。

探偵の業務について

探偵の主な業務内容は、対象者に気づかれないよう調査する浮気調査・行動調査・尾行調査となり、調査の特徴として、対象者のことを詳しく知ることが可能です。

興信所とは?

興信所の歴史

興信所の歴史をさかのぼると、1892年(明治25年)に日本銀行と大手銀行グループの共同出資で設立された『商業興信所』が、日本で初めての興信所と言われています。また、1900年(明治33年)には、信用調査会社として有名な帝国データバンクの前身となる『帝国興信所』が設立されました。

興信所の業務について

もともとは、企業や個人の信用調査が業務の大半となり、対象者のことについて、過去の勤務先に聞き込みに行ったりすることが主な業務内容です。

探偵と興信所の比較表

探偵と興信所を比較してみました

探偵と興信所についてお伝えしたことを表にまとめてみました。

業務内容調査方法
探偵
  • 浮気調査
  • 行動調査
  • 尾行調査
身分を隠して調査をする
興信所
  • 企業調査
  • 個人信用調査
身分を明かして調査をする

探偵と興信所の明確な違い

これまで探偵と興信所について詳しく紹介してきましたが、その違いについて明確に言えることは

  • 身分を隠して調査をするのが探偵
  • 身分を明かして調査をするのが興信所

となります。

探偵業法が施工される前は、このように業務内容が異なっていましたが、探偵業法施工によって、興信所でも浮気調査を主な業務としたり、探偵も企業調査や採用調査を扱うようになったことから、実質的に明確な違いが無くなりました。

まとめ

探偵と興信所について、以前は業務内容に違いがあったけど、今では明確な違いが無くなっているのが現状です。よって、探偵と興信所のどちらに調査を依頼したほうが良いのか?ではなく、

  • あなたのことを親身に接してくれる
  • どのような調査をするのか説明してくれる
  • 調査をすることへのリスクを説明してくれる

上記項目のような点を重要視して探偵・興信所に調査依頼したほうが、あなたにとって良い結果が出ることは間違いありません。